スイーツ

梅田の『喫茶Largo』。印象的なパフェ”ショコラ・オ・ショコラ”をレビュー

 

梅田阪急9F、大きなイベント広場の端にある『喫茶Largo(ラルゴ)』

 

※注:2021年12月現在は『パフェテリアLargo』という、同じく梅田にある店舗(本店?)が休業しているようです。しかし梅田阪急の『喫茶Largo』でも同じパフェを頂くことができますよ♪

 

ほんのりクラシカルな外観と内装デザイン♪

なんだかふと立ち寄りたくなるような、不思議な雰囲気のある喫茶店です。

 

 

この喫茶店といえば、なんと言ってもパフェが有名。

季節によって変わるパフェから、定番の可愛らしいパフェまでいろいろ揃ってるんですよね。

 

今回私がいただいたのは”ショコラ・オ・ショコラ”

 

チョコ好きな私にとってはとても気になるパフェだったので(かなり他のパフェとも迷いつつ。笑)頂いてきましたので、レビューします。

 

\この記事もおすすめ/

 

 

『喫茶Largo』のパフェ。印象的な見た目が特徴。

かつてパフェが世の中に生まれたとき。

それは“ご褒美”として提供されたそう。

 

そういう特徴もあり、パフェというのはやはり見た目でテンションが上がるようにデザインされていることがほとんどですね。

 

喫茶Largoのパフェも例外ではありません。

このお店のパフェは、どれも素敵だと思いませんか~?

 

※画像:LARGO HPより

 

パフェの高い・低い、器から飛び出す部分の華やかさや印象深さ、そして花のようなデザインなどなど。

お店のインスタやお客さんの投稿では過去のパフェも多くアップされていますが、思わず「美味しそう!」と言ってしまうようなデザインで素敵なんですよね☆

 

まゆみ
季節ごとに「次はどんなデザインだろう」と気になっちゃうわ。

 

 

パフェ“ショコラ・オ・ショコラ”は食べやすくも味わい深い!

 

私がオーダーした“ショコラ・オ・ショコラ”

パフェのトップに球型で中央がぱっくりと割れたショコラが乗っている、これまた印象深いパフェです。

 

 

お店からの写真やSNSでの投稿で見るよりも、実際には細長い器でボリューム的にもちょうどいい感じでしたね。

 

さてさて、まず気になるのはトップのショコラですよ♪

 

ちゃちゃまる
なんか温泉たまごを割って中の黄身が見えているようなデザインで面白いなぁ

 

この部分はとても柔らかいショコラが球の形になっていて、その周りをまたブラックのショコラでコーティングしているようでした。

お店の人も「くずれやすいので気をつけてくださいね~」と言っていた通り、今にも落としそうだったので(笑)別のお皿に移動してから食べ始めました。

 

 

下のほうからは生クリームとラズベリーが♪

 

 

やっぱりショコラとラズベリーの相性って抜群ですよ・・・

大きいと思っていた球型のショコラですが、ベリーといっしょに癒されながら食べていると一瞬でなくなりました。

 

 

ショコラ・オ・ショコラの中、オレンジとの相性バツグン。

そしてラズベリーの下からは、ショコラアイスにまみれたオレンジが出てきます。

 

やっぱりさすが喫茶Largoさん。

ショコラパフェをショコラだけで終わらせないというのがイケてますよね~。

 

甘ぁ~いなかにふと柑橘系の爽やかなテイストが見えることで、「おぉいいね!」と思わず言ってしまうような、そんな小さな幸せを感じるものです。

このオレンジにはショコラをたっぷりと絡ませて、口の中でしっかりとかみしめて食べる事で味わいを感じる事ができましたよ☆

 

 

 

 

『喫茶Largo』のパフェはリキュールがいい味出してる!

さて、そんな喫茶Largoのパフェですが、食べる時にはいっしょにリキュールがついてくるんです。

お店の人によると、それぞれのパフェに合ったリキュールを別添えすることで、パフェ本来の味といっしょに、また違った一つ上の味わいを堪能頂いているとの事。

 

 

hayato
パフェにリキュール付けてくれるお店って意外と少ないですよね。

 

 

 

このリキュールが、効果あり!

 

 

 

トップからここまでオレンジのアクセントはあったものの、やはり甘さが強めなんですよね。

 

そしてパフェもまだ半分残ってて、上から残ってるショコラアイスも健在。

そこへふわぁ~~っとリキュールを投入するのです♪(上のほうでも少量かけたけど♪笑)

 

 

するとどうでしょう、ここまですごく甘かったパフェが一気に大人の味わいに変化しました・・・!!

 

 

 

「・・・そうだった、チョコやショコラってお酒が入るとこんなに味が深くなるんだった。」

 

 

そんな当たり前のことを、しみじみと感じてしまう私。笑

すっかり大人の味わいになった“ショコラ・オ・ショコラ”は、リキュールをかける前と後ではもう、違うパフェと言っても過言ではないですね。

 

底から出てくる珈琲ゼリーとも、もちろん相性よかったです!

 

 

まさに一つで2度楽しめるパフェだと感じましたよ。

 

 

 

じつはどれもペロッと行けちゃう『喫茶Largo』のパフェ♪

 

私が喫茶Largoのパフェをネットで見たとき。

正直「あ、このパフェ重そう。」って思ってたんですよね。

 

 

あるじゃないですか、パフェが大きくて甘いためにすごくおなかいっぱいになって苦しくなっちゃうとき。(あれ?私だけ?笑)

 

 

そういった意味では、想像していたよりもだいぶ軽かったです☆

なんか、ペロッ♪といけちゃう感じ。

 

ショコラのアイスがパフェの大半だったからかなぁ~。

 

こんな話を友人としていたら、どうやら喫茶Largoさんのパフェって“シメパフェ”という認識の方も多いのだとか。

 

 

なるほど。

私としては欲張りなので「パフェの多くを占めていたショコラアイスの部分にチョコやブライウニーが入っててもよかったんじゃ?」とか思ってました。

 

でもシメパフェというのであればとてもうなずけます。

実際、私がショコラ・オ・ショコラを頂いたのもしっかりとランチをとった後でしたし。笑

 

それでも胃が重くなるようなことはなく、ほんとにペロッと食べられちゃった印象。

まだ他のパフェは食べたことがないのですが、きっと大きさやパフェの作りからして同じようにペロッといけちゃうんでしょうね♪

 

ある女性
今度は季節のパフェ食べにいきたいわね。

 

なのでシメでいただく目的のパフェとしてもオススメですよ!

 

 

 

 

『喫茶Largo』の詳細

店内はとても落ち着く雰囲気で、お買い物に疲れたらちょっと立ち寄る~みたいな気軽な利用ができるようなカフェです。

 

◆店名 :喫茶 Largo(ラルゴ)

◆TEL  :06-6313-1533

◆住所 :大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店 9F

◆定休日:阪急うめだ本店に準ずる

◆営業時間:月~木:10:00~20:00

      金土曜・祝祝前:10:00~21:00

◆タバコ :全席禁煙

◆インスタ:https://www.instagram.com/kissa_largo

 

 

【MAP】

 

 

 

\ フォローしてね! /
  • この記事を書いた人

hayato

幼いころから要領の悪かった私はたくさん苦労してきました。しかしそんな私であるからこそ自分なりの考えや、うまくいっている人の研究を熱心にすることで良い方向に進むことができたと思っています。これまでのさまざまな経験から、こんどは過去の私と同じように悩んでいる方へむけて発信していければと思っています。

-スイーツ
-,

Copyright© HAYABRO(ハヤブロ) , 2022 All Rights Reserved.