レビュー

手軽でおもしろい!子供とつくる可愛いブロック。

みなさんは「プチブロック」をご存知ですか。

今や100均やスーパーの小物でよく見る、小さいブロックがたくさん入ったものです。

私が実際にこのブロックを子供と作ってみるまでは素通りしていたのですが、先日息子にねだられて購入し、いざ作ってみるとけっこう面白かったのでレビューします。

 

だいたい4歳以上の小さいお子様のいらっしゃる方や、創作が好きなお子様のいらっしゃる方であればいっしょに楽しめるブロックです。

※photo by nagano07様

この記事でわかること

・プチブロックのメリット・デメリット

・作っていく工程(ざっくり)

・子供とつくり上げる楽しさ

 

 




 

実際につくってみた

 

大人が組み立ててしまえば簡単ですが、子供といっしょに作ることで楽しさが倍増するのでオススメですよ☆

今回私たちがつくったのは、男の子が大好きな乗り物系、「ショベルカー」「パトカー」の2つです。

完成すると、ちょうどトミカの車と同じかちょっと大きいくらいの大きさになります。 飾ってもよし、ころがして遊ぶのもよし。なんとも可愛らしい仕上がりになります。

 

ここでは「ショベルカー」をつくる作業にてご紹介していきます。

 

ブロックを仕分けるところから

ちゃちゃまる
けっこうパーツがたくさんあるんだね~
そうだね。でも楽しく作っていけばきちんと完成するからね。
hayato

 

「プチブロック」という名の通りひとつひとつのブロックが小さいので、とにかくなくさないように。このような容器が役に立ちました。

 

ふつうのレゴブロックもそうですが、最初はブロックの多さにちょっと弱気になりがち。

しかし作ることに集中すると楽しくてあっという間ですよ☆

 

ポイント

ブロックは「色」でわけておくこと。

 

説明書に言葉はなく、すべて図解。

ブロックは見た目の色と形で説明されているので、はじめに色分けしておくことで作成がスムーズになりますよ。

 

ブロックの数がもっと多くなれば「形」でも仕分けますが、少ないのでこのような分け方で問題なかったです。

4~5歳くらいで、ちょうど色がわかってきたり数えられるようになってくるといっしょにお勉強しながらできるのでいいですね^^

 

 

説明書は大人が。作成はできるだけ子供に。

説明書はこのような物が両面で、作る工程としては7~8項目くらいです。

 

 

ポイント

子供に自信をもたせる!

 

さほど難しいところはありませんので「黒のプチプチが4つ並んだものを取って」とか「ここに横向きにつけてみようか」というように、できるだけ子供を作る作業に参加させると「自分でもできるんだ!」という自信につながります。

 

うまくブロックがハマったときの嬉そうな顔を、ぜひ見てあげてください。

 

だんだんと形になる楽しみ

ちゃちゃまる
おぉ!なんか形がわかってきたぞ♪

 

こういった「つくる」作業において楽しいのは、はじめたくさんの小さいブロックだったものが、だんだんと形になっていくところですね。

「これはどこの部分かなぁ」という質問を子供になげかけながら、想像力を膨らませるのもおもしろいですね。

 

 

それぞれの形が完成に近づいていくと、またモチベーションが上がっていきます。

 

 

完成とともに拍手

ちゃちゃまる
やったぁ! ついにできたよ!僕でもできた☆
ものをつくるのって楽しいよね。
hayato

 

 

それぞれ作ったパーツを、最後は合体させ完成させます。

合体の面白い工程こそ「つくりあげた」という感覚を教えることができるポイントなので子供にやらせるのがオススメです。

うちの場合は拍手とハイタッチでとても盛り上がりましたよ^^

 

 

 

デメリットは「壊れやすい」ところ

この「プチブロック」のデメリットを挙げるとすれば、壊れやすいところであると思います。

乗り物や動物などいろんな種類のブロックが発売されていますが、やはり多少でも乱暴に扱ったり床に落としたりするとすぐにブロックが外れ壊れてしまいます。

 

壊れてもまたくっつければ元に戻るのですが「思いっきり遊びたい!」という子供にとって、そのモロさは多少ストレスに感じるかもしれません。

ですので、トミカのような感覚であちこちを走り回らせたい!とか人形どうしで戦わせたい!という子供であれば、ブロックを作り直す覚悟で渡すことになるのかな、と思いました。

 

私の場合は「見て楽しむ観賞用」と、トミカのミニカーのように「思いっきり遊ぶ用」でわけています。

壊れやすさを逆手にとり物をたいせつにする」ということを教えるのも教育のひとつですね。

 

ちゃちゃまる
こわれちゃった。。ごめんなさい。
大丈夫。また直してあげるからね。
hayato

 

 

さいごに。子供といっしょに完成させる喜び

 

このように子供といっしょにつくり上げたものというのは、自分にとっても子供にとっても達成感がありました。

普段は仕事で遅くなり子供と遊ぶ時間が少なくなってしまう方にとって「子供といっしょに」なにかをするという時間はとても貴重なもの。

 

30分という短時間ででき、しかもお手軽、いっしょに作り上げて完成したものの可愛らしさは100円以上の価値はあるとおもいます。

 

ポイント

・100円ショップで気軽に買える

・短時間で完成できる

・子供に作るたのしさを教えられる

・とても可愛らしいものができる

・デメリットは壊れやすいところ

 

さいきん子供と遊べてないなぁ~という方にこそ、気軽にいっしょに遊べるものとしてオススメですよ^^

 

コチラもどうぞ

大人向けのレゴは、作ることに集中する、そして複雑で精巧なものが自分の手で出来上がっていく感覚によりとてもストレス解消になります。ぜひ、こちらの記事もご参照ください。

オススメ
レゴがストレス解消に効く!? 大人向けの「レゴテクニック」。

    仕事の毎日。 人間関係にも悩まされ、うだつが上がらない日々を過ごしているという方。 もしそう ...

続きを見る

 

 

 




\ フォローしてね! /
  • この記事を書いた人

hayato

幼いころから要領の悪かった私はたくさん苦労してきました。しかしそんな私であるからこそ自分なりの考えや、うまくいっている人の研究を熱心にすることで良い方向に進むことができたと思っています。これまでのさまざまな経験から、こんどは過去の私と同じように悩んでいる方へむけて発信していければと思っています。

-レビュー
-

Copyright© HAYABRO(ハヤブロ) , 2019 All Rights Reserved.