スイーツ レビュー

鎌倉のオススメカフェは歐林洞(おうりんどう)本店!【私に革命を起こしたキッシュ】

 

 

鎌倉へ行くたびに気になっていた、洋館の雰囲気が素敵すぎる「歐林洞(おうりんどう)鎌倉本店」

私が歐林洞を知ったのは「パトロン」という、洋酒のちょっときいた甘いお土産用のお菓子でした。

それがとても美味しくて人へあげたり頂いたりしているのですが、その本店が鎌倉にあるんです。

 

hayato
ずっとレビューしたかったお店です♪

 

 

\ カフェ&スイーツのレビュー記事一覧はコチラ /

「カフェ/喫茶」「スイーツ」「珈琲」が大好きでかれこれ10年くらいカフェを巡り、すばらしい珈琲やスイーツに出会っています。

>>2019年より”素敵だったカフェのみ”レビューしています。

 

\ スポンサードリンク /

 

歐林洞 鎌倉本店は外観と内観がすばらしい

 

このお店は、前を通ると誰もが「うわぁ~」と言ってしばし見惚れるような素敵な洋館です。

私が食事をする間、窓から道行く人たちの姿が見えたのですが皆さん立ちどまって写真を撮ったり何度も見上げながら通りすぎていきましたよ。

 

昔ながらの鎌倉の街にそびえる素敵なこの洋館は、かつて美術館であったのを改装したそうです。

 

駐車場から気持ちがあがります。

ここは歐林洞の駐車場です。

もう、レトロ好きとしてはこんな場所にできるなんて嬉しすぎました。笑

 

端にとまっている古いロールスロイスもいい味だしてますよね・・・♪

この建物は倉庫になっているのかな。

 

内観は優雅なティータイムにぴったり

 

ヴァイオリンのクラシック音楽が流れる店内。

まったりとお話するような声が室内へ響き、なんともゆっくりと時間が流れるような雰囲気でした。

 

 

はやと
こんな素敵な部屋に通していただきましたよ♪

 

同じ部屋にいらしていた方は私よりも先に退席されたので、しばし貸し切りの気分。

きれいに磨かれた床に差し込む陽の光が爽やかな午後のひとときを演出していました。

 

 

観光でいらした風の方、そしてゆったりと午後のティータイムを過ごしにきたような優雅なマダムたち。

お客様も皆、どこか上品で素敵な方たちばかり。

 

\ スポンサードリンク /


 

歐林洞 鎌倉本店 名物のキッシュ

 

そう!これです!

歐林洞でいただくのはケーキだけではなく、名物はこのキッシュなんです。

 

あったかく、なつかしく、つつみこむような。

 

はやと

私、このキッシュを食べてから、キッシュに対するイメージがガラッと変わりました。

キッシュってこんなに美味しいものなんですね・・・。

 

今まで他で食べたことのあるキッシュと言えば、すでに冷めていてパサパサしていて・・・という印象でした。

しかし歐林洞のはちがう。

 

 

ザクッ。

ナイフを入れた瞬間、心地よい感覚とともに切れ目から湯気がふわぁぁ~。。とあがります。

・・・そしてやってくる、ほっとするような香り。

 

ナイフでほどよいサイズに切り、口へ運ぶと・・・思わず「んっ!」と小さく叫びました。

 

 

「お・・・美味しぃ・・・!」

 

 

 

キッシュっていろんな種類があるのか詳しくはないですが、今まで食べたどんなキッシュよりも美味しかった。

 

口のなかでとろけるような柔らかい食感、そして卵の美味しさをこれでもかと引き出したような香り。

驚きつつも「しっかり味わってやろう!」と思うたび、不思議と自分のほうがまるでその香りにやられてしまいそうになる。。

そうこうしているうちに、あっという間に口のなかから逃げ去ってしまう。。♪

 

たまに下の方から出てくるベーコン(かな?)がまたアクセントになり、全体としての味にパンチを入れている。

もうね、食べ進める手が止まらなくなるんです。笑

 

hayato
夢中になって食べ進めてしまいました。これはぜったいまた食べにきます。

 

ホールでサーブされ、量もしっかりあるのでランチとしてもGOODでしたよ。

 

\ スポンサードリンク /


 

歐林洞 鎌倉本店でいただく「和栗のモンブラン」

 

秋になると、やっぱりモンブランをいただきたくなりますよね。

こんな優雅な雰囲気でいただくモンブランは、まるで心が潤うような味がしましたよ。

 

 

まろやかで優しい味のするモンブラン。

 

hayato
歐林洞本店の内装の雰囲気にとてもよう合うような優しい色味ですよね。

 

すこしだけ栗の果肉が見える細めのモンブランでまわりをコーティングされていて、モンブラン特有のワクワクするような見た目に。

真ん中から割ってみると、こんな感じ。

 

 

中にはクリーム、そしてもちろん和栗がコロコロっと。

下地はしっとりとしたケーキの生地が敷かれていて、これがまた栗の風味とよく合うんです♪

 

この栗自体は力をいれず歯で「きゅっ♪」とつぶせるくらいの柔らかさ。

しかしけっしてテイストとして主張しずぎず、とても上品で優しい味がするんです。

 

 

上のほうからフォークを入れ下までざくぅ~っとすくって食べると。。

栗の優しさ、クリームと下地の部分が黄金的にマッチして全体的としてまろやかで香り高い味がしました。

 

 

オレンジで口をさっぱりさせたり。

 

アイスティーについてきたオレンジのスライス。

私はわりとストレートで飲むのが好きなので、これを趣向をかえてお口直し的に使ってみました。

 

口のなかでまだ香っているモンブランを、この甘いオレンジで一度スッキリさせることができるんですよね~。

そうすることでまた次の一口が新鮮な感じで美味しく感じるというのが個人的にはよかったですね。

 

 

 

歐林洞本店はカフェで優雅に過ごしたい方にオススメ

 

カフェへ入る目的はさまざまで ”友人とのおしゃべりでゆったりくつろぎたい”とか、”気軽に入れて美味しいスイーツが食べたい”とかありますよね。

そういう意味で歐林洞本店は、とにかく優雅にまったりとひとときを過ごしたいという方に向いています。

 

いっしょに行く友人としても、大声で笑い合うタイプよりかは静かに語り合いたくなるような人と行くのがオススメ。

そして何度でも言いますが、ここのキッシュは一度は食べてみたほうがいいですよ♪

 

 

\ スポンサードリンク /


 

\ フォローしてね! /
  • この記事を書いた人

hayato

幼いころから要領の悪かった私はたくさん苦労してきました。しかしそんな私であるからこそ自分なりの考えや、うまくいっている人の研究を熱心にすることで良い方向に進むことができたと思っています。これまでのさまざまな経験から、こんどは過去の私と同じように悩んでいる方へむけて発信していければと思っています。

-スイーツ, レビュー
-,

Copyright© HAYABRO(ハヤブロ) , 2020 All Rights Reserved.